当院のお産の方針

 当院は、女性が本能的にもっている「産む力」や母性を大切にし、自然で安全なお産をモットーにしています。安全で自然なお産とは「月が満ち、機が熟して自然に起こってくる陣痛による自然なお産」のことをいいます。

自然で、できるだけ「良いお産」をするためには、妊娠中の自己管理が大切です。栄養バランスのとれた食事、体重管理、適度な運動や体操、リラックスした気持ちが重要となります。

 一般的にお産に対しては不安や恐怖心がはたらきますが、逆にリラックスな状態を保つことで、子宮の出口や産道は軟化し、陣痛が有効に働いてお産は順調に進みます。骨盤の筋肉群にも無駄な力が入らないので、生まれてくる胎児のストレスも少なくなります。

また産婦さんやご家族が主体となれるように見守り、温かい雰囲気つくりを大切にしています。よいお産になるように、スタッフ一同サポートしてまいります。ご希望や不安なことは何でもご相談ください。

 

【立会い出産】

 

・ 当院では、パートナーの方の立会いを推進しています。

・ そばにいることで、不安や心細さを軽減できる強力な精神的なサポーターとなる。

・ よりリラックスでき、お産の進行が順調になる。

・ 陣痛の時、マッサージや呼吸法を一緒にするなど、実践的なサポートになる。

・ 家族の一員となる赤ちゃんの誕生を共有することができる。

・ 母親、父親としての自覚を早期からはぐくむことにつながる。

 

※ 当院の立ち会いは、原則としてパートナーの方のみとなっています。

他の方の立ち会いはできません。(お産後は分娩室へ入室できます)

また、帝王切開では立会いはできません。

 

【カンガルーケアをしましょう】

 

カンガルーケアとは、ママの胸にお互いの素肌を合わせるように直接抱っこする方法です。

赤ちゃんにとって、ママの胸ほど落ち着き、安心できる場所はありません。

ママと赤ちゃんの状態が許す限り、早期にお手伝いいたします。帝王切開のママにも、帰室後できるだけ早期に行います。

・ 赤ちゃんはママの温かさに直接触れられ、体温や呼吸を安定させることにつながる。

・ 赤ちゃんのストレスを軽くする=不必要なエネルギー消費の軽減

・ ママは赤ちゃんの体温や重みを直に感じ、母と子の絆が深まる。

       母乳確立の促進につながる。

 

【自然に産みたい、というご希望が叶えられない場合】

 

・ 児頭骨盤不均衡(骨盤よりも胎児の頭が大きいこと)

・ 前回が帝王切開だった場合 

・ 多胎(双子以上)

・ 子宮筋腫手術後の方

・ 骨盤位(逆子)  などの場合は帝王切開が行われます。

当院のお産の方針